妖怪ウォッチ制作会社の狙い

「妖怪ウォッチ」は、小学生の間で今、大変に人気です。この人気の仕掛けの元である会社が「レベルファイブ」です。この会社、ゲーム業界では風雲児的な存在だそうです。「妖怪ウォッチ」の制作にあたっては、
現在の小学生たちが、どのようなことを考えているのか、何を感じているのか、それを徹底的にリサーチしたそうです。その結果を大事にして、それを元に、キャラクターを作り、物語の設定もそうですし、
作品の世界観も作られたそうです。ですからこの爆発的人気もこの会社の予想通りだったのでしょうね。また良く言われていることですが、
主人公、友達などのキャラクターが、「ドラえもん」を参考にしているところも見逃せません。多くのキャラクターは普通の子と言うところがポイントなのでしょう。ただ、主人公はのび太くんのようにダメな子ではありませんが、、、。「ドラえもん」の世界と同じく、まるで、身近な世界で行われているストーリーだからこそ、親近感が湧いてくるのでしょう。
個性の薄い主人公の方が、今の小学生くらいのこどもたちには共感されているようなのです。あまりアクの強いキャラクターは受けないのでしょう。「ドラえもん」と同じように、ロングランに愛されるものになってほしいと言うのが製作者側の思いなのでしょうね。