「ハピネット」

「妖怪ウォッチ」の爆発的人気によって、これを仕掛けた会社「ハピネット」の業績はとても上がったのです。「妖怪ウォッチ」の人気からすればそれは誰もが予想できることでしょう。2014年3月期決算結果で、売上高が2068億円にものぼり、前年同期比17パーセントアップしています。
営業利益も38億円で前年同期比がなんと、30.8パーセントアップです。
そして、当期純利益ですが、24億円で、前年同期比22.6パーセントアップとなったのです。「妖怪ウォッチ」の発売前の、前年と比べ、発売後の年の増収はすごいものがあったというわけです。この業績アップの理由として、勿論妖怪ウォッチの業績もありますが、ほかにも「仮面ライダー」など、バンダイのほかのキャラクターのグッズの売り上げもあったのです。
アミューズメント事業も、妖怪ウォッチなどキャラクターの人気が上がれば上がるほど、さらに伸びてくことでしょう。また、キッズガードゲーム機、おもちゃの自動販売機の売り上げも好調です。「妖怪ウォッチ」の大ヒットで各部門業績アップしたのです。ただ、映像音楽事業では、発売したDVDなどの商品はそれほど売れ行きが伸びませんでした。今は
ネットで曲が購入できる配信サービスもあり、DVDなどの商品は売りにくい時代になったと言えます。今後考えられるのは海外展開です。日本で人気のキャラクターは、海外でもヒットする可能性もあるのです。ネットが世界的に発展している影響で、これは自然に広がっていくことでしょう。